「アーバンヴィラシリーズ」は、京都市内の6ホーム、全室に見守りを支援する介護システム「眠りスキャン」を導入いたします。

「眠りスキャン」とは…

眠りスキャン「眠りSCAN」では、マットレスの下に設置したセンサーによって、体動(寝返り、呼吸、心拍数等)を測定し、睡眠状態を把握します。目の届きやすい夜間でも、入居者さまの状態が「見える化」されるので、生活の邪魔をせず、その人らしい暮らしを支援できます。プライバシーとセキュリティを最優先で取り扱っておりますので、ご安心ください。
眠りスキャンのシステムセンサーで得られた入居者さまの状態を、パソコンやスマートフォンで常に確認することができます。心拍数や呼吸数の推移の変化がわかるので、体調の変化に気付きやすくなります。看護師との連携もスムーズになり、主治医への相談もしやすくなります。

リアルタイムモニター機能

スタッフ専用のスマートフォンに「リアルタイムモニター」が表示されます。ご入居者さまの状態に応じて、覚醒・起き上がり・睡眠・離床のアイコンが、それぞれ表示されます。状態に変化があった場合、その情報が各スマートフォンに通知されリアルタイムで確認することができます。
  • 覚醒・起き上がり・睡眠・離床を示しています。

  • 眠りスキャン

    パソコン画面にはこのように表示されます。

睡眠日誌・呼吸日誌

測定されたデータは、睡眠日誌や呼吸日誌として長期的に記録されます。ホームのパソコンやスマートフォンで、いつでも閲覧することができます。
  • 呼吸・心拍・状態を示しています。

  • 呼吸・心拍・状態

    ご家族さまも紙面でご覧いただけます。

「眠りスキャン」の通知~介護

私たちは「眠りスキャン」の見守りシステムを活用して、ご入居者お一人おひとりの生活のペースを尊重したケアを心がけています。
  • ご入居者さまが離床されるとスマートフォンに通知されます。

  • すぐにお部屋へ向かいます。

  • ご要望をゆっくりとお聴きします。

  • その方に合った介助を行います。

職員に聞いてみました!

「アーバンヴィラ京都神山クラシック」介護職員インタビュー

「眠りスキャン」を使ってみていかがですか?

以前は夜間、ご入居者さまが眠っておられるか心配で、毎時間お部屋を見回っていたんですが、居室のドアを開けるだけで起こしてしまうこともありました。今は、「眠りスキャン」のおかげで、スマホで確認できるので、無駄にお部屋へ行くことが減り、睡眠の邪魔をしなくてよくなりました。夜はぐっすり眠っていただきたいです。

「アーバンヴィラ京都神山クラシック」管理者インタビュー

img「眠りスキャン」導入の経緯を教えてください。

介護って、人の力をものすごく頼りにしている業界だと思うんです。だからケアの質を保つことがとても難しい。そこでAIを活用して、IOTと人の介護が融合されたら、もっと発展した介護の在り方を追究できるんじゃないかなと思ったんです。そして、エントランスのインターホン、ケアコール、「眠りスキャン」のアラームとインカムの連動を実現できました。

6ホーム全室に眠りスキャン導入!

  • アーバンヴィラ千本笹屋町

    京都市上京区 / 総居室数 26室

  • アーバンヴィラ四条大宮

    京都市下京区 / 総居室数 29室

  • アーバンヴィラ上桂

    京都市西京区 / 総居室数 29室

  • アーバンヴィラ西賀茂

    京都市北区 / 総居室数 14室

  • アーバンヴィラ上賀茂プレミアム

    京都市北区 / 総居室数 45室

  • アーバンヴィラ京都神山クラシック

    京都市北区 / 総居室数 50室

資料請求・見学予約フォーム
PAGE TOP