お生まれはどちらでいらっしゃいますか?

img吾郎様:私は大阪の京橋で生まれました。家は洋裁店を営んでいました。中之島が遊び場でね、ボートに乗ったりしてよく遊びましたよ笑

操子様:私は京都で生まれました。結婚してからは嵐山に住んでいました。息子が一人いるんですけどね、早くに独立して東京で就職しましてね。それからはずっと二人で過ごしていました。

どんなお仕事をされていたのですか?

吾郎様:大阪経済大学を出まして、帝国データバンクの関西支店で働いていました。色々調べて新聞に発表したりするのが仕事でした。いわゆるサラリーマンではないです。自由な仕事でしたよ。出張が多くてね、北は名古屋から南は九州まで、色々なところを飛び回っていました。

操子様:私は中学校で音楽の先生をしていました。ピアノを弾いて歌をうたってね。あと、進路指導をしていましてね、それがすごく大変でした。生徒の話しを聞いたり高校を回ったりね、50歳までやっていました。

どんな経緯でホームへいらしたのですか。家を離れるのは寂しくなかったですか?

img操子様:今までずっと家でよくしてもらっていたケアマネジャーさんと相談してね、ここに決めたんです。嵐山の家を離れるのは寂しい気持ちもあったけどね、でも家で二人ではもう生活できひんしね。

ホームでのご生活はいかがですか。お友達はできましたか?

img操子様:よろしいですよ。いろんなこと何でもやってもらえますしね。友達はね、みんな!みんなともう友達ですわ。一緒にご飯食べたりもしますしね。今は私たち夫婦ともうひとり、女性のかたも一緒に3人でテーブルを囲んでご飯を食べてますわ。

お部屋がご夫婦で別々ですが、どんな風にお過ごしですか?

操子様:主人とは部屋が同じ階の向かい側でしょ。近いしね、行ったり来たりしています。互いの声はドアが閉まってたら聞こえへんけどね、ドアを開けたら顔も見えますしね。食事はいつも一緒ですし、何も不便なことはないです。
家に居たときは晩酌もしてましたけどね、今はお酒はそんなに飲みたいと思わないみたいです。
吾郎様:今はお酒はいらんね。
操子様:二人でここでゆっくりさせてもらおうと思っています。




♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・♦・・・

アーバンヴィラシリーズでは、ご夫婦でご入居いただいている方々が多数おられます。二つのお部屋でそれぞれにお過ごしいただいておりますが、夜間はぐっすりと眠っていただき、日中はお二人ご一緒にお過ごしになることが多いです。
また、ひとつのお部屋に衣装や荷物を置かれ、もうひとつのお部屋にベッドを二つ並べて置かれる方々もあります。ご夫婦のスタイルでお住まいになれるよう、随時ご相談をお受けしております。


>> 次のインタビューページへ
PAGE TOP